ィリアムのことがに良く書いてありました。

劇の場面は、一人の女性新入職員が研修に出かけ、職場に戻ってきてその内容を報告すると、上司からいろいろと注意をされるといった内容である。彼には主役の女性新入職員の役割が与えられた。対人恐怖の彼にとっては、死ぬほどの苦しみだった。顔を赤くして口ごもり、まごついている彼を見て、同僚たちは腹をかかえて笑った。そのことがあって以来、彼の対人恐怖はさらに悪化した。職場でも彼は目を伏せて歩いた。他人の視線が気になって仕方がないのである。同僚に話しかけられたり、仕事のことで上司に報告に行っても、声は小さく、口ごもってしまい、スムーズに会話ができなかった。「スムーズに話そう、話そう」と自分に鞭打ってみても、いっこうに効果がなかった。そこでこの青年は、必要最小限の会話にとどめる努力をした。

恥かしい芽えたのだろう。六○年安保の隊の一員として国会の周囲を練り歩いていたとき、私は、資本主義はいずれ破綻する、日本の経済は早晩悪化するのだろうと考えていた。だが、わが生活を含めて、東京の街並はきれいに、そして明るくなり、どう見ても日本は繁栄に向っていた。自動車の数も目に見えて増えた。あらためてデータを見ると、国民総生産(名、唾(名目GNP)はのように急上昇し、五九年から七○年までは、ほとんど二桁成長が続いている。ている。そして勤労者(都市)の平均月収も五○年(一万三一八円)以後大きく上昇し続けて、一五【図】国民総生産の推移(単位兆円)207年後の六五年には約五倍(六万八四一九円)に達している。

に出妊|じi護軍吋、司高齢化社会と年一九八厚生年金基金は、六五年(昭和同参園山崎泰彦はか編)h金中央法規出版四の厚生年金保険法の改正一4司きぎょうぱくはじけん企業爆破事件企三九三人の死傷者を出した三菱重工爆破事件など、一九七四年(昭和四九〉から翌年にかけ、東アジア反日武装戦線が一件のされた制度である。退職金・企業年金と厚生年金保険の間での機能や費用負担の重複を調整することを意図して創設されたため、調整年金ともいわれる。基金はつむん、J皇室t2高厚生大臣の認可を受けて三者設立される特別の法人で、老齢企業爆破をおこない、経済侵略を非難する声明を出した。

東京地裁は、㈱講談社と『週刊現代』元編集長の元木昌彦に一百万円の創価学会への損害賠償と謝罪広告掲載を命じた。ただし、創価学会による刑事告訴については、平成十年七月、不起訴が決定した。証拠不充分ということが表立っての理由だが、すでに民事で争われていること、朝木の死を捜査している最中に方面下り警察が創価学会の「謀殺」隠しに手を貸しているなどと一部のマスコミが騒いだこともあり、警察はこのゴタゴタに及び腰になったとの見方もある。ここでいまや反論する必要もなくなった、まったくデッチ上げの「謀殺」事件について